JDCカップっていうのは

6月24日(日)には仙台にて2018JDCカップダンス選手権大会が開催されます。

 

という話をすると、JDCカップってどんな大会なんですか?と聞かれることが多いので

 

今日は僕なりに説明したいと思います。

 

まず、現在の日本の競技ダンスのプロの世界はJDC、JBDF、JCFの3つの団体があります。

 

各々の団体は全国に各総局(北海道、東北、東部、中部、西部、九州など)を持ち、

 

それぞれ独自に競技会を運営しています。

 

僕はJDCという団体の東部総局に所属している選手です。

 そして、年に1度、各総局の選手を集めて、全日本大会を開催します。

 

うちの団体で日本一は誰か決めようぜっていうことです。

 

 JDCにとって、この全日本大会に位置づけされているのがJDCカップとなります。

 

もちろん、他の2つの団体もそれぞれ全日本大会を開催しています。

上記3大会は、その団体の日本一を決める競技会ですので、

 

他団体の選手が出てくることはありませんし、海外選手も出場しません。

 

純粋にその団体の日本チャンピオンが決まる競技会です。

 

こうして、それぞれの団体の全日本チャンピオンが誕生します。

 

じゃあ、団体関係なく全部ひっくるめて日本一は誰なのか?って思いますよね。

 

それを決めるのが、統一全日本という競技会です。

 

長くなってきたので、統一全日本についてはまたの機会にお話できたらと思います。

 

これで、JDCカップというのがどのような競技会かお分かり頂けましたでしょうか?

 

その団体の全国の猛者たちが集まってガチンコ対決するわけですから、そりゃ熱い試合になります。

 

僕たちも去年より更に上位に行けるように、頑張ります。応援よろしくお願いします!