合宿の思ひ出

大学のダンス部ではちょうど合宿シーズンですね。

 

最近twitterで各大学の合宿の様子が投稿されていて懐かしく思います。

僕の所属していた大学の競技ダンス部も夏と春の年に2回合宿を行っていました。

 

当時はだいたい5日間ぐらいの期間で、

朝起きてランニングとか体操

朝食

FM練習

スタンダード練習会

昼食

FM練習

ラテン練習会

夕食

FM練習

自主練習

みたいなスケジュールだった気がする。

 

とにかくダンス!ダンス!ダンス漬け!

 

しかも長野の山奥で行われるので逃亡は難しく、外界の情報はシャットダウンされる(当時まだスマホなし)

 

楽しみといえばご飯であるが、血気盛んな大学生に負けじと合宿所のおばちゃんも張り切るので

 

とんでもない量の料理が出てくる。だがそれを15分とかで食べるのです。女子は半泣きで食べている子もいたな。

 

練習会も普段より長めになり、スタンダードではBOXというナチュラルターンとリバースターンを永遠1時間半ほど繰り返すメニューがあり

 

ホールドが崩れたり、動きが小さくなるとすぐに先輩が寄ってきて、罵倒...いや励ましてくれるw

 

最終日には全員お揃いのTシャツを着てスタンダードとラテンの8種目を2時間ひたすら1人で踊りこむという恒例行事(OBも参加)を

 

こなしてようやく開放される。その後の納会についてはここでは語れません笑

 

当時の写真や資料が残っていたので、恥ずかしいですけど載せてみます。

同期のみんな。右端の後列の顔だけ出てるのが僕です。

これは短冊で、合宿での目標を部員全員が書いて体育館の壁に貼っていました。

我ながらアホな目標ですがw

 

ちなみにこの2年の合宿の時、僕は途中で倒れて救急車で運ばれ、あえなく強制帰還されました。短冊だけは合宿所に残していったら、同期がメッセージを書いて渡してくれました。宝物です。



カルテといった、その日練習で習ったことや今日の反省なや明日の目標などを書いたものです。(字の汚さはご容赦)

 

どのページもびっしり書いてあって、今見てもすげぇなって思います。

 

 

色ペンで書いてあるところは先輩からのコメントです。練習でヘトヘトのはずですが睡眠時間を削って下級生全員のカルテにコメントしてくれています。後に自分達もやる立場になりますが...

 

懐かしい青春の日々って感じ、そして今は後輩たちが頑張ってるんだろうな~

 

自分も頑張らないとね

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    とある通りすがりの元舞研人 (火曜日, 14 8月 2018 12:36)

    みてます!